2014年11月19日

19日・石原造船・スラスター取付け

 牛深・棒受網船・22.9m
 船の長さが長くなるにつれ、船首の操船が難しくなる。
 その操作性を格段にアップしてくれるのが、船首につけられたサイドスラスター。
 仕様:高澤製作所製・ダクト直径300mm 





同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
富山県灘浦定置船21m建造181106
富山県灘浦定置船21m建造181102
富山県灘浦定置船21m建造181031
富山県灘浦定置船21m建造1810300
富山県灘浦定置船21m建造181029
富山県灘浦定置船21m建造181027
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 富山県灘浦定置船21m建造181106 (2018-11-06 09:47)
 富山県灘浦定置船21m建造181102 (2018-11-02 08:50)
 富山県灘浦定置船21m建造181031 (2018-10-31 08:38)
 富山県灘浦定置船21m建造1810300 (2018-10-30 11:22)
 富山県灘浦定置船21m建造181029 (2018-10-29 10:17)
 富山県灘浦定置船21m建造181027 (2018-10-27 09:06)

この記事へのコメント
サイドスラスター!?水流を噴出して、船首を振るのでしょうか?
シャープの「プラズマ クラスター」とは違うのですよね??
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2014年11月19日 16:43
 原田板金塗装様
 コメントありがとうございます。
 スラスターは、船首を振るのに使いますが、
 ウイルスの類も振るい落としてくれればいいですね!!
Posted by 石原造船所石原造船所 at 2014年11月20日 18:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。